•  モデルハウス
  •  資料請求

HOME > ブログ > 鹿児島の家づくりいろは⑤ Bedroom

鹿児島の家づくりいろは⑤ Bedroom

寝室は落ち着いた雰囲気でゆっくり眠れるような空間になるよう配慮したいものです。

寝室での過ごし方をヒアリングしたうえで、部屋の広さを必要用途以上に広くせずに、
天井高さを少し低くし、照明を明るくしすぎないよう検討しリラックスして
過ごせるような空間づくりを考えます。

基本的には低い姿勢(横になる、座るなど)で大半を過ごす部屋なので
天井高さを低くしていてもさほど圧迫感を感じません。

 

天井高さを低くすることで空間に落ち着きをもたらす心理的効果が得られます。

 

合わせて部屋のクロスの色を落ち着いたシックなテイストに仕上げることで
より落ち着いた雰囲気になります。

例えばベースは薄いグレーのクロスにしてアクセントで少しダークなものを選ぶと
シックで落ち着きがでます。
アクセントの場所もどこに持ってくるかで印象が変わってきます。
枕元となる面にしたり、または天井に持ってくるのもおすすめです。

アクセントを持ってきた壁にブラケット照明など壁面に光が当たるものを付けることで
変化が表れておしゃれ感を演出します。
ただ、寝室の照明は柔らかい明りのものにしておくことは忘れずに。

 

他にも間接照明に折り上げ天井、他にも印象的な空間づくりの方法はたくさんありますが、
家づくりにおいて予算には限りがあります。
なるべくシンプルにまとめ、その中でちょっとスパイスの効いた空間づくりを
工夫して満足のいく空間を作りたいものです。
そんな時はインテリアを工夫してお気に入りの絵や鏡を飾ったりしてもおしゃれでいいですね。

 

広さについてはだだっ広い部屋にポツンとベッドがある中で眠るのは
なんだか落ち着かないものです。
移動に支障なく、ややゆとりがあるかなというくらいの広さが丁度いいのかなと思っています。

窓も大きなものは避け、プライベートが守られるような大きさと配置に気を付けたいものです。

 

眺めのいい立地ならば朝起きた時に一番に素晴らしい絶景を望みたいはずなので
大きな窓をベッドに横たわりながらも望めるような窓の配置と大きさを御提案しますが、
多くの方が住宅街での建築をご予定されるはず。
極力隣家からの目線は避けたいものですから隣家の窓の配置を確認したうえで
窓の高さや位置、縦すべり出し窓なのか横すべり出し窓、FIX窓か等種類をきめていきます。

 

寝室に入った瞬間、ベッドでゆっくりするひととき、
眠りにつく前、朝目覚めたときに柔らかな落ち着いた雰囲気に
心地よくなるような部屋づくりにしたいものです。

 

TEL.0120-928-321
受付時間 8:30 ~ 17:00
(定休日 水・第2・4木曜日・祝)

〒890-0008 鹿児島県鹿児島市伊敷1丁目3-20

Copyright©TSUMAGARI HOUSE. All Rights Reserved.