ホーム > リフォームツマガリ > リフォーム施工例 > 室内 > 室内リフォーム > 天井爆裂補修、床上張り工事【K様邸】

天井爆裂補修、床上張り工事【K様邸】

 天井爆裂補修、床上張り工事リフォーム施工例 鹿児島県鹿児島市山下町 K様邸

 


お客様の一言

・4階建てビルの4階室内の天井が天井スラブ(※)のコンクリートガラにより落ちてきそうなため、すぐに補修してほしい。
(※スラブ…床の荷重を支える鉄筋コンクリート造の板状の版のこと。スラブの厚さは20cm以上がひとつの目安ともいわれており、面積や梁の位置などにもよるが一般的にスラブが厚いほど遮音性は高いといわれている。)
・居間の床がブヨブヨでたわんでいるのため、張替えか上張りをしたい。

リフォームツマガリ担当者の一言

・4F室内天井の現状確認をした際は、コンクリート爆裂(※)の範囲が広く、全部屋爆裂検査をした方が良いと伝えたことで最適な補修ができたのではないかと思います。
・お客様の不安要素も取り除くことができ安心していただけました。
(※爆裂…クラックなどから雨水が浸入して、躯体内の鉄筋に錆が生じた結果膨張してコンクリートが押し出された状態。重度の場合は、鉄筋が露出した状態となり、コンクリートが欠落する恐れもある。)

リフォームデータ

  • 築年数: 約60年
  • 価 格 : 約145万円
  • 工 期 : 25日間
  • 天井スラブ爆裂補修:ポリマーセメントモルタル
  • 床材 : Panasonic フィットフロア
  • 天井クロス : サンゲツ SP程度

リフォーム施工手順

  1. 室内天井解体
  2. 爆裂調査
  3. 爆裂補修
  4. 天井下地組
  5. 天井ボード張り
  6. 天井クロス張り
  7. 床フロア上張り(下地補強)

ページトップへ戻る

リフォーム・増改築など、専門のアドバイザーが親切・丁寧に、ご返答いたします。お気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求