ホーム > ツマガリハウス > 住宅優遇制度 > 長期優良住宅

長期優良住宅

  日本の住宅

日本の住宅の寿命は30年。イギリス77年。アメリカ55年。
家の寿命が30年ということは、30歳で家を持ったとして住宅ローンの終わるころには、もう一度建て替えなければならいないということです。
現実に退職金をリフォームや立て直しに使わなければ住めないような家が今の日本には氾濫しているのです。

グラフ

 

 

 

 

 

欧米の住宅寿命が長い理由の一つに「付加価値をつけて売る」という考え方があります。
日本では長く住むほどに家は痛み、その価値は低下して最終的にはほとんど価格がなくなってしまいます。
欧米では住むほどに価値を上げて高値で売買できることがあります。それは、オーナー自身が手を加えて家をグレードアップさ、住みながら家の価値を自分であげてゆくのです。

長期優良住宅

長期優良住宅とは、丈夫で快適な住まいをつくり、メンテナンスすることで、世代を超えて住み継いでいける家のことです。

長期優良住宅にすると何がお得なの?
長く住み継げば、豊かな暮らしに!外観
いいモノをつくって、きちんとお手入れすることは、住まいを自分たちの子供や孫に引き継ぐ、またはほかの人に売る際に、重要なポイントになります。
例えば、長く住み継ぐことが常識となっている欧米では、親がマイホームを購入すると、子や孫が住み継ぎ、住宅ローンを負わない子供は別荘を、孫はヨットを買うなど、豊かな暮らしを実現しています。

資産価値の高い中古住宅は老後の安心に!
これまでの日本の住宅の寿命は30~40年と言われ、住宅ローンが終わる頃には、家屋自体の価値はほとんどなく、土地のみが資産になると考えられてきました。 しかし、長期優良住宅にすれば、住まい自体の価値も高まり、素敵な中古住宅として次の世代へ売買することも可能。

長期優良住宅の税制優遇

住宅ローン減税の拡充

図1


住宅ローン減税は、金融機関等から返済期間10年以上の住宅ローンを組んで住宅の新築・取得又は増改築等をした場合に、居住の年から10年間、住宅ローン残高の一定割合を所得税額から控除する制度です。

地震にも強いから保険料も割引に!

図2


長期優良住宅の認定書を取得すると、耐震性の等級に応じて、地震保険の割引を受けることができます。耐震性能により、最大50%の地震保険料の割引を受けられます!

固定資産税の減額

平成28年3月31日までに取得した住宅が対象
図1


長期優良住宅として認定を受けた住宅の固定資産税の減額措置1/2の適用期間は、一般住宅よりも長く設定されています。

・適用期間(戸建て) 3年間 → 5年間

通常、固定資産税は以下により計算します。
固定資産税額=固定資産税評価額 × 1.4%(標準税率 市町村により異なります)

不動産取得税の軽減

 3


長期優良住宅として認定を受けた住宅の不動産取得税が、通常の住宅よりも軽減されます。

・課税標準額から控除される額 1,200万円 → 1,300万円

通常、不動産取得税は以下により計算します。
不動産取得税額=(固定資産税評価額-控除額)×税率

よって、長期優良住宅の不動産取得税額は
(固定資産税評価額-1,300万円)×3%となります。

登録免許税の軽減

6


またフラット35S(住宅ローン)において金利優遇を受けられるメリットもあります。

鹿児島の新築住宅・注文住宅はツマガリハウスにお任せください。
新築住宅パンフレット・土地情報を無料でお届けいたします。

今すぐ資料請求